Deep Tech Meetup 第三回開催のご報告 -Wellbeing-

 

 

2018年9月5日Hello Tomorrow Japanの定期開催する Deep Tech Meetup #3を開催しました。

今回のテーマは「Wellbeing」。

会場となったdock-Toranomonには、スタートアップや企業の新規事業担当者、研究者など、さまざまなバックグラウンドを持つ多くの方々が集まり、熱い議論が交わされました。

イベントは、「Wellbeing × Tech系スタートアップ動向」をテーマとした内閣府の伊吹様のキーノートからスタート。

WellbeingとTech系スタートアップに関連する話として、政府の成長戦略の中に、国民の健康寿命の延伸という重要なアジェンダがあることなどや、Society 5.0 とTech系スタートアップについてのお話を頂きました。

そしてその後は、Deep Tech Startupからのピッチセッション。「Oneskin technologies」「Ourotech」「Lily MedTech」の3社が登場しました。

ご登壇者様、コミュニティパートナーのcreww様、そしてご来場頂いた皆様、誠にありがとうございました。

 

《今回の登壇者情報》

キーノートスピーチ

 

内閣府 政策統括官(科学技術・イノベーション担当)付 参事官(イノベーション創出環境担当)付 主査(オープンイノベーション担当)

伊吹 信一郎

2011年、京都大学公共政策大学院修了後、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)に入構。研究開発型ベンチャー支援事業の立ち上げと運営、オープンイノベーション・ベンチャー創造協議会(JOIC)の立ち上げに従事。2017年7月から内閣府に出向(現職)。研究開発型ベンチャーの公共調達の活用推進と、各種ベンチャー支援事業・人材間での連携に取り組む。

 

 

▼Deep Tech Startup セッション

 

OneSkin technologies

CEO, Carolina Oliveira

生化学の学位と博士号を保有。幹細胞生物学および組織工学をアカデミアで10年以上研究。現在は、基礎科学に基づいた製品化を行っている。世界最大の種子バイオテクノロジーアクセラレータプログラム、IndieBioを卒業。

2016年にラテンアメリカからシリコンバレーに移り、OneSkinを創業。目標は、3Dスキンモデルを構築して老化を逆転させる分子を見つけることにより、エイジング市場を根本的に塗り替えること。

 

 

 

Ourotech

CEO, Duleek Ranatunga

ウォータールー大学にて、ナノテクノロジーエンジニアリングを研究。ナノテクノロジーの個人向けヘルスケアへの導入を目標としている。

Ourotechは、カナダを拠点にしており、シンギュラリティ大学のスタートアップアクセレレータープログラムを卒業している。患者の腫瘍サンプルを採取し、患者個々人にとって最適ながん治療法を特定する会社である。

 

 

株式会社Lily MedTech

CEO, 東 志保

米国で航空宇宙の修士獲得。JAXA宇宙科学研究所で博士後期課程中退。前職(株式会社JEOLレゾナンス)にて、核磁気共鳴装置の開発に従事。自らが母親を高校生の時に癌で亡くしていた経験から、医用超音波の研究者の夫に誘われ2015年に東大の超音波CTプロジェクトに参画。2016年に株式会社Lily MedTechを創業。複数の臨床医と協力して臨床研究を実施している。

 

 

Deep Tech Meetup #3 -Wellbeing-

主催:Hello Tomorrow Japan(運営会社:一般社団法人日本ディープテック協会)

協催:Creww株式会社

 

 

Hello Tomorrow JapanではDeep Techの学びの場、そしてDeep Tech界の繋がりを構築するために

Deep Tech Meetupを開催しています。

イベントに興味のある方は会員登録(無料)をお願致します。

TO BE MEMBER

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ーDeep Tech Meetupとはー

Hello Tomorrow JapanのActivityの一つ。

Deep Tech分野で活躍するさまざまな人を招き、Deep Techに関して学びの場を作るとともに、研究者やスタートアップと、投資家や大企業など実業界の繋がりの場を積極的に設けていきます。